TimeMachineXの地図

カテゴリ: Sygその他 — 2013/06/18

「別のAPIキーが必要」とのエラーを回避してTimeMachineXでGoogleマップを表示

※2013/12/27:この記事で紹介した方法もすでに通用しなくなっています。
コードをGoogleMapV3に対応させて最終的に解決したので、こちらの記事をご覧ください。

GPSロガー、WSG-1000のログデータを表示、編集するのがTimeMachineXというソフト。
しかし、2012年の暮れごろからだったか、GoogleマップのAPIキー更新によってTimeMachineXのウィンドウ内にてGoogleマップが表示できなくなってしまった。
地図以外のグラフは見れるが、この状態では軌跡を辿ることもできず、ポイントの通過時間を拾うのも大変だ。

購入先であるGPSDGPSにはWSG_Tool を利用し、Googleマップにログデータを表示できるようにする方法が暫定の対策として紹介されているが
手間がかかる上にポイントの詳細を見ることができないなど、これでは自分の目的としてはとても不満足なもの。
WSG-1000のログデータをGoogleマップで表示する方法

そこで、自分のサイトで使うために取得しておいたAPIキーを当ててやったらどうだ。と思い立ち
やってみたところ、わりと簡単にTimeMachineXのウィンドウ内に表示することができたので覚え書きとしても記しておく。
(GooglemapのAPIキーを取得していることが前提として)

1.TimeMachineX立ち上げ 「トラックエディター」で表示させたい.tk2ファイルをダブルクリック。
 →ここでAPIキーが無いとのエラーメッセージが出るがOKを押す

2.エクスプローラーでMyDocumentの中を見ると、TMXというフォルダがある。これがTimeMachineXのアプリケーションデータである。
 その中のTEMPフォルダを開くと、中にFIX.htmというファイルがある。これをテキストエディタで開く

3.HTMLをいじったことのある方ならすぐにわかると思うが、タグ内に、以下のようなGooglemap読み込みの一文があるのを確認。
 <script src=”http://maps.google.com/maps?file=api&v=2.x” type=”text/javascript”></script>

4.これに自分の取得したAPIキーを書き込んで上書き保存。 “2.x”という文字の後ろに”&”を加えて”key=~”という具合に書き足す。以下のようになる。
<script src=”http://maps.google.com/maps?file=api&v=2.x&key=xxxxxxxxx-xxxxxxx-xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx” type=”text/javascript”></script>

5.TimeMachineXの「トラックエディター」に戻って、「Sorry, Your browser not support Google Maps」と表示されているマップエリアで右クリックして、コンテキストメニューから「最新の情報に更新」をクリック(または更新のために”F5″キー)で、無事にGooglemapが表示される。

これでトラックエディターは普通に使えるようになる。
ただし、FIX.htmは一時的なHTMLファイルとして書き出され、利用されているだけなので、.tk2データが変わると上書きされて、表示できない状態に戻ってまうので、再び2以降の操作をしなければならない。
ベンダーはWSGTOOLにシフトしたい思惑もあるのだろうが、しっかりとしたサポートを行っていただきたい。

ページトップへ